甲州石班澤

甲州石班澤

甲州石班澤

こうしゅうかじかざわ

作品解説

山梨県富士川町鰍沢の富士川で鰍(かじか)を釣る人が描かれている。日本三大急流で有名な富士川はこの画でも荒れた水面が描かれています。

描かれた場所

山梨県富士川町鰍沢

甲州とは甲斐国、山梨県で、富士川町鰍沢あたりの富士川の画です。

釜無川と笛吹川の合流点、鰍沢地区から富士川と呼ばれ、この合流点付近の荒れる富士川からの富士山を描いたものとされています。

現在の眺め

富士川の合流地点の空撮、描かれたのは右岸の鰍沢からです。

関連する絵図

甲州、山梨の作品は
甲州犬目峠
甲州三嶌越
甲州三坂水面
甲州伊沢暁
があります。

スポンサーリンク

富嶽三十六景一覧

タイトルとURLをコピーしました